csvの使い方

マネライズではv5.1.0からCSVインポート(無料)CSVエクスポート(プレミアムサービス)が使えるようになりました。


csvインポート(無料)

CSVファイルからデータをインポートできます。これにより、他の家計簿アプリやエクセルなどの表計算ソフトで管理していたものから、マネライズに引っ越しできます。

ビジネスでお使いの方は、会計データをマネライズに入れて、グラフで可視化して直感的に把握することも可能です。

使い方

  1. 任意のファイル管理アプリからインポートしたいcsvファイルをマネライズで開きます。DropboxやGoogle Driveなどアプリによって操作方法は違いますが、「共有」のようなボタンをタップして「Monelyzeにコピー」を選択します。今回の写真の例はApple純正のファイルアプリです。
  2. マネライズアプリが開くので「インポート」をタップして完了です

仕様

csvの構造はこのテンプレートのような形式にしてください。

  • エンコーディング(文字コード)はUTF8にしてください。詳細は「エクセル 文字コード」などで検索してください。
  • 一番上の行は[日付,支出,収入,カテゴリー,アカウント,メモ,ID]を含むようにしてください。
  • ファイルの拡張子は.csvで終わるようにしてください。
  • csvファイルはカンマ(,)と改行(\n)で区切っているだけのファイルです。表計算ソフトのセルの中にカンマや改行が含まれないようにしてください。
  • 「ID」の欄はは新規にデータをインポートしたい場合は空欄にしてください。
  • IDはマネライズからエクスポートした際に自動的に入力される値です。正しいIDが入力されている場合、マネライズのアプリはインポートの際に判定し、重複するイベントが存在する場合はそのデータはインポートしません。

csvエクスポート(プレミアムサービス)

CSVファイルからデータをエクスポートできます。これにより、エクセルやGoogleスプレッドシートなどで管理することも可能で、バックアップにもなります。

ビジネスでお使いの方は、会計データを担当者や税理士さんに送信することも可能です。

使い方

  1. マネライズのメニュー画面から「CSVインポート&エクスポート」を選択して「エクスポート」をタップ
  2. csvファイルを保存したいアプリを選択してください。